伊勢、鳥羽、家族旅行 2日目。

翌朝、10時前にチェックアウトして、鳥羽水族館に向う前に旅館となりの神社に参り、
水族館に。
久々の鳥羽水族館。
b0271555_12514809.jpeg
入場料は高いけど、かなり楽しめるので満足。
館内薄暗いし、F3をiso1600の露出で撮って行く。
ペンギンのショーやら、セイウチのショーやら見たり、ピラルクーに見入ったり、
多足のタコはやばかった。息子も喜んでいたし、親父は相変わらず写真撮りまくり。
b0271555_12492512.jpeg
b0271555_12500211.jpeg
なんやかんや昼も館内で食べて、4時間ほど経過して楽しい時間を過ごした。
その後、赤福鳥羽店で赤福ぜんざいを食べてまったり。美味かった〜。
b0271555_12544089.jpeg

そして大阪に戻る。帰りも嫁と親父、交代で運転。
この頃になってやっと青空見え始めたけど、雨はほぼ止まず。
雨男二人と雨女一人いれば、雨旅行になる事は間違いないと思ったけど、
両親も息子も嫁も楽しんでいたからよしとする。
又、行けたらいいなと思った家族旅行。

フィルムは3本撮ったけど、最初の頃F3のAモードで撮っていたけど、なんかおかしい。
現像してみないとわからないけど。そっからはスタデラ出た目で撮っていたけど。



[PR]
# by paka67 | 2017-10-20 12:48 | 家族 | Comments(0)

伊勢、鳥羽、家族旅行 1日目。

この前の月火で1泊2日の家族旅行に行って来た。
慰安旅行ハワイに行かず、ハワイアンブルースをあきらめて、6年ぶりの家族旅行、
そして自分の両親も一緒に連れていくのは初めての事。
この歳になってやっと親孝行しとかないと思った。

旅行前日、カメラ、どーしようか。。どーせ雨やし持っていくのやめようかと
思ったけど、NikonF3とニューFM2を引っ張り出し、結局F3とGF2を持って行く事に。
レンズは55ミリF1.2を引っ張り出してきて、それを装着。
いつも重たいネックレス状態の135にかなり期限切れの35フィルムを4本。

当日、予想通りの雨模様。
嫁が運転。両親を迎えに行き、伊勢に向った。

なんやかんや休憩しながらで、3時間弱、昼頃に目的地の伊勢神宮の外宮に到着。
初めての伊勢神宮。あまり神社仏閣は行ってないけど、なかなか神秘的な雰囲気。
b0271555_10473333.jpeg
親父は雨の中、デジイチで写真を撮りまくり。参って、次は内宮に向った。
b0271555_10483792.jpeg
橋を渡り、進んで行く、なんとなくやけど、空気が雨でも澄んでいる。
奥まで参って、その間も親父は撮りまくりで歩くの遅くて、おかん切れ気味。やっと出てきて、隣の、おはらい横町に。
かなり雨は降っていて、どんより.....
お昼がまだやったから、調子に乗って松阪牛串と伊勢エビコロッケ。いまいち....高いだけ....
そして旅館は鳥羽にとっているのでそこから車で30〜40分。
途中、伊勢志摩スカイラインを通るけど、雨と霧がやばく、素敵な感じ。晴れていれば海を見渡せるんやろう。
b0271555_10492309.jpeg

無事、旅館、『重兵衛』さんに到着。
早速、親父、息子と風呂にはいり、そのご、ご飯。
刺身山盛りでて、びびったけど、美味い。鯛の兜煮が最高だった。
b0271555_10510187.jpeg

この日は1回も雨止まず.......1日目終了。




[PR]
# by paka67 | 2017-10-20 10:43 | 家族 | Comments(0)

ビーツギャラリーにて『STREET BEATS Vol.5』

なんとか仕事がジャストで終わって、久々にビーツに向った。

ビーツギャラリーにて『STREET BEATS Vol.5』

入って一発目のポートレート群にやられた。流れるような印象で、ストリート感を感じる事ができて
とても良かった。そしてワイドな迫力の街と人間の波にのまれそうになった。ここまでで既に数百人の人が写ってる。
がらっとイメージがかわって良い意味での暗いストリート、鳩の写真は違う世界観でとても好き。
中望遠に切り撮った街、右下の巨大な標識と鳥の共演がいいなと思った。
モノクロのおそらく千里中央近くのあの場所、あの道路に反応。
そして粒子ガンガンの街のスナップはかっこよすぎ。狂気を感じた生き物にびびってしまうけどずっと眺めてしまう。
モノクロの僧侶3人衆のポートレートが全面におして来た。
カラーとモノクロの混じったストリート。カラー1枚でも良かったとおもったり、
その横にはがらっと変わって、4枚のストリート。
12枚のストリートは集合ポストの写真が面白かった。
最後は青い不思議な色の縦位置の写真、不自然さを狙ったのかと思ったり、右下の2枚めの
モノクロは好きな写真だった。

全体を眺めると一体感があったような、もちろん写真は違うけど、良い意味で同じ方向に
走っていたり、時には逆行していたり、とかなり楽しめたし、刺激貰った気がしました。

そしてコビーツではメンバーのホイキシュウさん写真展『ライブラ』
写真は生ものと聞いたことがある。まさにそんな感じで、新鮮なうちに見ておくべきだと感じた、
写真展だった。

どちらも見応えあるので是非見に行って下さいませ。

10月18日(水)〜10月22日(日)

水~金 / 15:00〜21:00 土 / 12:00〜21:00 日 / 12:00〜18:00

http://beats-gallery.com/

b0271555_10130121.jpeg

b0271555_10132378.jpeg





[PR]
# by paka67 | 2017-10-20 10:11 | 展示会 | Comments(0)

ギャラリーライムライトにて、『ゼラチンシルバーラブ2017』出展しています。

ギャラリーライムライトにて看板企画展『ゼラチンシルバーラブ2017』に
出展しています。

銀塩縛りの写真展です。
10名の出展者様、計48枚の銀塩写真が、がっつり展示されています。
会期は2週間のロングランですので、写真を入れ替える出展者様もいてはるかも
しれません。
お時間ございましたら、是非お越し下さいませ。

『ゼラチンシルバーラブ』な出展者様。

岩森洋介 如月堅 北角順一 嶋田裕司 松浦恵
丸上昭弘 三浦吉幸 村上ひさよ 吉原直子
兒嶌秀憲


会期2017年10月15日-28日 18・25日(水)休廊
12:00〜19:00 最終日は18:00まで
2週間会期となります


http://limelight6.exblog.jp/26111619/
b0271555_10474062.jpeg



[PR]
# by paka67 | 2017-10-18 09:54 | 展示会 | Comments(0)

ギャラリーライムライトにて、勝山さん、写真展『OVERFLOW 《A/B》 』



楽しみすぎる写真展。

ギャラリーライムライトにて、勝山さん、写真展『OVERFLOW 《A/B》 』

1F A
入ると、あれ?違う。そんな印象。勝山さんじゃない。そんな印象を持って拝見。
でも、それは間違っていて、やっぱり勝山さんだった。
鮮やかなトーン。普通ならそれで終わるのだけど、ひと味もふた味も違っていた。
時折、押し寄せて来るもの、なんなんやろうか.....身震いする感覚が出て来る。
生っぽい白の植物から始まるけど、それは白い毛細血管があって動き出しそうだったり、
1Fで一番好きな、焼けるようなオレンジ色と影は、この世の終わりなんじゃないかと思ってしまったり、
赤い花は右隣の人に捧げているように見えた。おそらくキアゲハに反応してしまったり。
でもいつもの勝山さんじゃない。

そんな思いで2F Bに上がる。
そしてそんな思いで上がったから、頭を強打された気分でふらついた。一気に、自分の精神状態が
不安定になっていく気分。
美と恐怖。生と死。宇宙。見ていると凄すぎて、良い意味で疲れてくる。気合いいれないとこっちがやられるのだ。。
闇の花を見た時、勝山さん色だと思った。とくに、入って左の壁奥から真正面につながって行くあたりが、一番好き。かなりの生死を感じた。
白い捨てられた紙は死を予想したり、隣は母体の体内臓器に見えたり、その隣はやばかった。
自分は、金縛りにあった気分で動けなかった。なんとか金縛りを振りほどいて、DMのチェリーで癒されたけど
それも束の間。一気に突き落とされる。
したたり落ちるような生もの。宇宙空間のような場所に白い手が....それは死人の手なのか、神様の手なのか色々と想像してしまったり、
赤いのは血液の細胞分裂。血の通っていない血管。得体のしれない生物。
信号の人が分身していたり、床の間には美しい8枚が並んでいる。ずっと眺めていると、
悲しい世界、美しい世界、恐ろしい世界が混在して、自分の頭の中は混乱に陥った。

とにかく、実際に見て、感じて下さいませ。
絶対に見に行った方がいいですよ。

2017 / 10 / 08 (sun) - 10 / 14(sat)
11(wed)
close
12:00~19:00 final day 18:00

http://limelight6.exblog.jp/26097390/

b0271555_17310155.jpeg
b0271555_17315783.jpeg
b0271555_17322348.jpeg








[PR]
# by paka67 | 2017-10-11 17:12 | 展示会 | Comments(0)